忍者ブログ
さまよえるれんじょう
[26]  [30]  [27]  [28]  [29]  [31]  [32]  [33]  [34]  [35]  [36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 久々に吉野家に行った。
味の吉野家、美味い吉野家、牛丼一筋80年(違ったかな?)の吉野家である。

そうしたら、驚くべきことにカレーがメニューに載っているではないか。(吉野家のHP内カレーメニューへのンク)
これってどうよ?
松屋の真似でしょうか?

牛丼一筋は諦めて、たんなる飯屋になりましたか・・・。
まあ、メニューから牛丼が消えた時点で牛丼屋ではないんですけどね。

 狂牛病問題でアメリカ産牛の輸入が禁止されたことから、アメリカ産牛を使っていた吉野家は牛丼の販売を中止。
ここが間違いの元だと思う。
牛丼屋なら、なにがあっても牛丼を売るべきだ。

*** ☆ ***

 今までアメリカ産の牛肉を使って安価提供させていただいておりました吉野家の牛丼ですが、このたびのBSE問題でアメリカ産の牛肉の使用を続けることが困難な状況になりました。
今後も吉野家の牛丼をお客様に提供させていただくために、アメリカ牛以外の牛肉の使用に変更することになります。
牛丼の吉野家といたしましては、牛丼の味を落とさぬよう新牛丼の研究に全力を注ぐしだいでございます。
なお、価格につきましても、使用牛肉単価が上がる可能性が高いことから、やむなく値上げせざるをえない状況になることも考えられます。吉野家といたしましては、お客様にリーズナブルなお値段で牛丼を提供できますように努力しておりますが、今後もその方針は変わることはありません。できうるかぎりの安価でのご提供をさせていただく所存でございます。

*** ☆ ***

 てな“お断り”をして、新牛丼開発に力を注ぐべきだったと思う。
つーか、俺が経営者だったらそうするね。
だって、牛丼の吉野家だぜ!牛丼作れなきゃ話になんねーべな。

私はそう思いますが。


吉野家
有名な元牛丼専門店(現在は牛丼以外のメニューもある)

1899年に創業
1958年、株式会社化
1980年、倒産
1983年、セゾングループの傘下になり再生
2001年夏ごろは、並盛り280円という激安展開をしていた(2008年3月現在では並盛り380円)
BSE問題に付随して、アメリカからの輸入牛肉が入手できなくなったため、
2003年末、一部店舗が休業
2004年、特盛り販売中止・牛丼以外の新メニューの販売開始・牛丼の販売中止
などと苦策する
(一般の店舗で牛丼販売が中止されていた当時、築地店と吉野家の店舗が入っていた競馬場・競艇場の店舗では、契約上の理由で牛丼以外を販売することができなかったので牛丼を販売していた。並盛り500円)
2006年末ごろから牛丼販売再開(期間・時間が限定されての販売)
2007年3月、牛丼販売ほぼ完全復活(販売時間11~24時)

週刊少年JUNPに連載されていた漫画「キン肉マン」で、主人公の好物として頻繁に取り上げられていた。「牛丼→旨い→吉野家」と、当時の少年たちの脳に刷り込まれていった可能性は高い。ちなみに、わたし自身が「吉野家⇔キン肉マン」派である。


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りゅ太
HP:
性別:
男性
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[04/19 りゅ太@管理人]
[04/14 Na]
[04/12 りゅ太@管理人]
[04/09 Na]
[02/12 りゅ太@管理人]
ブログ内検索
フリーエリア
★ご注意
当ブログに掲載されているリンク先は、当サイト管理人が安全を確認してからリンクの掲載をしております。
しかし、リンク先において閲覧者になんらかのトラブル、不利益などの損害が発生した場合、当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

詳しい注意事項については サイトマップ をご覧ください。
バーコード
広告






忍者ブログ [PR]