忍者ブログ
さまよえるれんじょう
[20]  [21]  [22]  [17]  [23]  [24]  [25]  [26]  [30]  [27]  [28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年大晦日に行われた『K-1Dynamite』。
この大会で桜庭和志と秋山成勲が戦い、秋山が勝利した。
試合中、桜庭から「(秋山の体が)滑る、滑る。」という講義があったにもかかわらず、K-1のレフェリーは(確認することなく)試合をそのまま続行。桜庭は秋山の打撃を浴び、レフェリー・ストップでKO負けとなった。
試合直後に秋山の体を検査するも【ワセリンやオイルは検出されなかった】。

にも関わらず、9日に調査をしてみると、試合直前に秋山が【乾燥防止クリーム】を肌に塗っていたことが判明。秋山側に言い分では、「(乾燥防止)クリームはOKと思っていた。」ということで、試合を有利に運ぶための奇策としてクリームを使用したのではないとのことらしい。
しかし、秋山の行為は反則と判断され、失格。ファイト・マネーも全額没収。試合の裁定は無効試合となった。

試合前、TVカメラの前で秋山がクリームを塗る姿が映し出されていたそうで、その姿を見る限り【本当に肌の乾燥を防ぐためだけにクリームを塗布していたもの】だとK-1側は判断。
ルールは『すべての塗布物を体に塗ることは禁止』となっていることから、故意ではなかったとしても秋山反則の裁定となった。



いくら乾燥防止目的であってとしも、クリームを試合直前に塗布するという行為はどう考えても反則だろう。しかも、試合が始まってもまだヌルヌルするほどのものなんて・・・。意図的にやったとしか(私には)思えない。

しかし、K-1のレフェリーは最悪である。試合中、なぜにサクの抗議に対してなんの反応もできなかったのであろうか。(試合途中、櫻庭は副審に抗議しているが副審はこの抗議を無視。)
試合翌日の会見で、秋山が全治六週間の右前腕尺骨骨折していたことが明かされた。
殴る側が骨折するほどの打撃を受けていた櫻庭、よく無事だったものだ。
まさに殴られ損。櫻庭、K-1を訴えろ!

K-1はまったくもって改善されねーな。

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りゅ太
HP:
性別:
男性
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/19 りゅ太@管理人]
[04/14 Na]
[04/12 りゅ太@管理人]
[04/09 Na]
[02/12 りゅ太@管理人]
ブログ内検索
フリーエリア
★ご注意
当ブログに掲載されているリンク先は、当サイト管理人が安全を確認してからリンクの掲載をしております。
しかし、リンク先において閲覧者になんらかのトラブル、不利益などの損害が発生した場合、当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

詳しい注意事項については サイトマップ をご覧ください。
バーコード
広告






忍者ブログ [PR]