忍者ブログ
さまよえるれんじょう
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 良くも悪くも話題になるボクサー亀田三兄弟。
10月5日、次男の亀田大毅(20)が、WBC世界フライ級王者デンカオセーン・カオウィチット(33)に挑戦した。

亀田大毅といえば、
二年前(2007年10月11日)にWBC世界フライ級王者内藤大助(当時33)に挑戦。だが、大毅は反則を繰り返し大差の判定負けとなった。
大毅側のセコンドが反則行為を指示していたことが問題になり、JBCは、父亀田史郎にセコンドライセンス無期停止、兄亀田興毅には厳重戒告処分、大毅にはボクサーライセンスの1年間停止の処分を下した。
といった一件で有名ですな。

さて、今回のタイトルマッチだが、
チャンピオン2(ともに2ポイント差)
ドロー1
挑戦者0
のジャッジで大毅は敗れた。

アンチ亀田親子な私も、この試合はTVで見ました。
試合が始まる前、
「大毅が負けるさまを見てやるか」
とか、
「大毅さっさと負けろ」
と思っていたのだが、ゴングが鳴った後はだんだんとその思いは変わっていきましたね。
この試合の大毅は、前に見た内藤戦と違って、目つきも体のキレも良かった。
試合終盤になっても、眼光の鋭さは衰えていなかったし、必死になって戦っているサマは格好良かった。
いい試合を見せてもらった。
もしかしたら大毅の判定勝ちあるか?
とも思った。
判定結果として表れた2-0-1よりも僅差の惜敗だったんじゃないかと、私は思います。
ただ、挑戦者がチャンピオンに勝つには、
・ダウンを取れる強打
・チャンピオンを上回る有効打の数
のどちらかは必須。これがなければ判定でチャンピオンに勝つのは難しい。
とくに今回の試合のチャンピオンは老獪だった。クリンチを多用し、大毅のボクシングを殺していた。
そのへんもポイントに表れたのだろうか?

んで、試合を見終わってでの感想だが、
大毅、思ったよりやるじゃん
こういう試合を見せてくれるんだったら応援しちゃうかもな
です。
いや~見直しました。
髪を黒くして、見た目のチャラチャラ感がちょっと抜けたせいもあるのかもしれないけど・・・。
今後の亀田大毅に期待してしまいますね。


 亀田陣営は判定に納得できず、WBAに提訴することを決めたらしい。
試合の立会人も務めたWBAスーパーバイザーのキム氏も、再戦の方向を含めた意見をWBAに報告したようで、これによって、年内再戦もあるかも?
11月中旬に行われるWBA総会で結論が出される可能性が高いとされている。
だってさ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りゅ太
HP:
性別:
男性
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/19 りゅ太@管理人]
[04/14 Na]
[04/12 りゅ太@管理人]
[04/09 Na]
[02/12 りゅ太@管理人]
ブログ内検索
フリーエリア
★ご注意
当ブログに掲載されているリンク先は、当サイト管理人が安全を確認してからリンクの掲載をしております。
しかし、リンク先において閲覧者になんらかのトラブル、不利益などの損害が発生した場合、当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

詳しい注意事項については サイトマップ をご覧ください。
バーコード
広告






忍者ブログ [PR]