忍者ブログ
さまよえるれんじょう
[23]  [24]  [25]  [26]  [30]  [27]  [28]  [29]  [31]  [32]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

機動戦士Zガンダム

1985年~1986年にTV放映されたロボットものアニメ。
「機動戦士ガンダム」の続編。

なぜ Z(ゼータ)なのかというのは、アルファベットの終わりの文字Zを使うことで「ガンダムはこれで終わりだよ。」と暗に表現しているらしい。
2とZを引っ掛けているという説もある。




 ガンダムの続編、Zガンダムの劇場版。

 『機動戦士ガンダム』は、TV放映を見てはまり、プラモデルでヒートアップし、劇場版でさらに心に刻まれた作品である。

 そして、そんな記憶も埃に埋もれたころに、ふと手にした一本のゲームソフトが私にガンダムの記憶を呼び覚ましたのであった。

 そのゲームソフトの名は『第三次スーパーロボット大戦』。
まだプレステの無い時代。スーパーファミコンのソフトであった。
マジンガーZ、ゲッターロボ、ライディーン、コンバトラーV、そしてガンダム。懐かしいロボットの数々に心躍らされながらプレイしたものだ。

と、そこに出てきたのがZガンダム。

Z?なんじゃこりゃ?

そう、私は『Zガンダム』を知らなかったのだ。



ビデオレンタル店に行き、パッケージを見てみる。どうやら『機動戦士ガンダム』の続編らしい。
ならば見てやるか。

・・・
おっブライトさんにシャア。
・・・
アムロは?!
・・・
アムロキター!
・・・
アムロの出番終わったー!
・・・
・・・

やはり、初代を超えられないか。

それがTV版『機動戦士Zガンダム』の感想。



 それから何年もの歳月が過ぎ、劇場版が登場した。
懲りずに見てみましたよ。
・・・
映像が綺麗なトコと汚いトコの差が激しいな。
・・・
あれ?TVシリーズと話違うくね?
・・・
こんなんだったっけ?
・・・
あれれ?
・・・
・・・

見ても見なくてもいいようなどうでもいい作品。そう思った私はガンダムファン失格ですね。本当にありがとうございました。

 「大人の世界も描こうと思ったけど、それが出来なかった。」そんな感じが受け取れるシーンもあって、それがね、無駄なんだよね。やれないならカットすりゃよかったのに。どうしてもやりたいのなら18禁にでもしてババーーンと・・・出来ないわな(笑。

 まぁ、ノスタルジーに浸れる作品であることは確かです。



 ブライト艦長の声をあてていた鈴置洋孝さん(享年56)が8月6日に他界されたそうです。
ご冥福をお祈りいたします。
まだ早すぎるよ・・・ブライトさん。

ロボット大戦に登場しているキャラクターの声をあてている声優さんで、すでに他界されている方も数名いらっしゃいますね。
寂しいかぎりですが、生き物である限り死は避けられないもの。こうやって思い出を作ってくれた人達がいなくなっていくんですね。
とくに声優さんでアニメのアテレコをされている方になると、子供の頃の思い出がかぶってきたりしますので、すごく切ない感じになります。
セイラさん、ブライトさん、マ・クベもだな・・・。
思い出は儚く・・・。

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りゅ太
HP:
性別:
男性
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/19 りゅ太@管理人]
[04/14 Na]
[04/12 りゅ太@管理人]
[04/09 Na]
[02/12 りゅ太@管理人]
ブログ内検索
フリーエリア
★ご注意
当ブログに掲載されているリンク先は、当サイト管理人が安全を確認してからリンクの掲載をしております。
しかし、リンク先において閲覧者になんらかのトラブル、不利益などの損害が発生した場合、当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

詳しい注意事項については サイトマップ をご覧ください。
バーコード
広告






忍者ブログ [PR]