忍者ブログ
さまよえるれんじょう
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 我が家では電話を二台使用しております。(子機を合わせると4台。携帯電話も合わせると7台かw)
一回線は、NTTから電話加入権を買って使っている俗に言う固定電話。もう一回線は、インターネット回線を使ったIP電話です。
IP電話のほうは、初期費用なし・月額基本使用料無料のタイプなので、月々に掛かる料金は通話料のみです。家計にやさしい電話であります。
さて、今回のお話は、もう一方のNTTの固定電話の電話加入権についてのお話であります。

 実は我が家では、NTTの電話加入権をふたつ持っておりまして、ひとつは現在使っておりません。
この使ってないものは休止状態になっているんですが、もう使うこともないだろうということで、売ってしまおうと思って調べてみたら・・・なんとそのお値段(高額買取を謳っているところでも)

3,000円

ちなみに、普通にNTTで解約すると、お金は一銭も戻ってきません。

     参考 NTT東日本「施設設置負担金についてのご説明」

あくまでも、
「初期費用にかかる料金の大半は施設設置のための負担金なんですよ。ただ、質権の設定が認められていて、法人税法上非減価償却資産とされる等の諸制度が設けられていることもあり、社会実態としては電話加入権の取引市場が形成されていますけど、NTTは電話加入権の財産的価値を保証してませんよ」
ということ。
もっと平たく言うと、
「社会では設備費(施設負担金)を電話加入権の価値とみなして売買されてきた過去もあったけど、NTTではそれを保障しているわけじゃないのよ。だって負担金=権利の価値じゃないでしょ。」
まあ、そう言われりゃそうですけどね・・・。

しかし、
こんなに下落しているとは思いませんでした。いや~ビックリ。

 私個人で初めて電話加入権を買ったのが1987年(昭和62年)、総額で10万ぐらいだったと記憶しております。
はっきりした額を記憶してなかったので調べてみると、その当時は工事負担金という名目で72,000円、それプラス契約料(いくらだったのかは調べ切れませんでした)と手数料(なんかも取られたような気もするが定かではない)などで10万弱ですな。

電話加入権の施設設置負担金の推移を見ますと、

1952年(昭和27年)当時 … 装置料4,000円+負担料30,000円=34,000円
1953年(昭和28年) … 電信電話公社設立
1960年(昭和35年)4月 … 設備料10,000円
1968年(昭和43年)5月 … 設備料30,000円
1971年(昭和46年)6月 … 設備料50,000円
1976年(昭和51年)11月 … 設備料80,000円
1985年(昭和60年)4月 … 日本電信電話株式会社の設立 工事負担金72,000円(宅内工事費8,000円を差し引いた額)
2005年(平成17年)3月 … 施設設置負担金36,000円

   参考 NTT東日本 「加入電話の施設負担金の変遷」
   参考 All About 「ご自宅の電話加入権の価値 ご存じですか?」
   参考 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 「電話加入権」


現在(2009年/平成21年)では、
契約料800円+施設負担金36,000円+工事費無料(宅内工事費は別途)=36,800円(税込み38,640円)
約4万円ほど掛かるようです。

     参考 NTT東日本 「新規回線のお申し込み」

電話加入権売買業者から買うともっと安くなります。(詳しくは見てませんが、2,000円で売っているところもありました。2,000円で買って3,000円で売れば1,000円儲かるな・・・などと、取らぬ狸の皮算用をしてみたりもしましたが、諸費用も掛かるんですから儲かりませんよねw)


 私は過去に二度ほど電話加入権を売ったことがあります。
個人の仕事で電話回線をみっつ引いていた時期があって、1990年(平成2年)ごろに一回線なくてもいいなと思い、業者に6万円ぐらいで買ってもらいました。
もうひとつは、1994年(平成6年)ごろに携帯電話を持ち始めたので売ったんですが、このときは4~5万円だったと思います。この頃から下落は始まっていたんですね。
今では3,000円。(もしかしたら、ここから手数料とか取られたりしてw)


 さて、電話加入権はどうしましょうか?
利用休止お預かり期間は5年間。5年単位で利用休止の更新ができます。
利用休止期間(5年)を経過しても、利用休止の継続又は再取付の申し出が無い場合は、更に5年間経過した時点で契約は解除されるそうなのですが、 10年後に再休止できるのかな?
解らんが、とりあえず休止のままにしておくことにします。
ちなみに、休止するときは工事費として2,000円ぐらいかかります。


 今回ちょっと調べてみて驚いたのは、未だに施設設置負担金と称して一律36,000円を徴収していることですね。
普通に考えれば、電話網はすでに至る所に行き渡っているわけだし、設置費は個別に査定するほうがいいのではないかと思います。よほどの辺境でなければ使う場所まで電話線を引いてくるのに36,000円も掛からない。毎月取られる基本使用料を考えれば設置費無料でもいいくらいです。
そうでもしなければ、NTT離れは進み、NTTの収益は落ちていくと思いますけどね。

まあ、今回も素人考え全開でお送りしましたw

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りゅ太
HP:
性別:
男性
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/19 りゅ太@管理人]
[04/14 Na]
[04/12 りゅ太@管理人]
[04/09 Na]
[02/12 りゅ太@管理人]
ブログ内検索
フリーエリア
★ご注意
当ブログに掲載されているリンク先は、当サイト管理人が安全を確認してからリンクの掲載をしております。
しかし、リンク先において閲覧者になんらかのトラブル、不利益などの損害が発生した場合、当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

詳しい注意事項については サイトマップ をご覧ください。
バーコード
広告






忍者ブログ [PR]