忍者ブログ
さまよえるれんじょう
[118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [102
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 政権交代で、なおさら大きな話題となるであろう『天下り』。
民主党のマニフェストでは、トップ項目のひとつとして「天下りの根絶」を謳っております。
はてさて、この『天下り』、なにがどうして問題なのか?

そんな話題をクマさんとパンダさんが話しています。


クマ笑クマさん
「たまにニュースで聞くけど、天下りっていったいなんなんだ?」


パンダさんパンダさん

「天下りとは、
いわゆるキャリアと呼ばれる高級官僚が退職後に、出身官庁が所管する独立行政法人、特殊法人、公益法人、外郭団体、国立大学法人、公社、公団などの団体や、関連する民間企業などに再就職することと言うんですよ」
クマさんクマさん
「へ~。で、それのなにが問題なんだ?」


パンダさんパンダさん
「問題になっているのは、
・天下った元高級官僚が関連企業・団体を転々と就職・退職をくりかえし、退職するたびに高額な退職金を受け取っていること
・高級官僚らが、自分たちの退職後の受け皿を確保するために、国費を投じて新たな法人・団体・部署などを作っている節がある。
といったところかな」
クマ汗クマさん
「そりゃあ悪どいことをしてるもんだな!」


パンダさんパンダさん
「まあそうですけどね。
高級官僚だから、その能力は非凡なものでしょうし、自分が関わってきた分野の専門知識も余人を寄せ付けないぐらいのものを持ってると思うんですよ。
いわゆる秀才と呼ばれる方々しかなれないでしょうし。
そんな優秀な人たちが、退職後に隠居してしまうよりは、なんらかの職に就いてもらったほうがいいとは思うんですけどね」
クマ汗クマさん
「そりゃあそうだろうけど、なんでそんな優秀な人たちが金の亡者みたいになってしまうんだい?
高級官僚ってのは給料が低いものなのか?」

パンダさんパンダさん
「わりと、『高級官僚の給与は低い』と言う人もいますが、なんとも言えないと思うんですよね。
ちょっと調べてみるとこんな情報が出てくるんです。

事務官・係長(20代) 350~500万ぐらい
課長補佐・在外公館出向(30代) 600~850万ぐらい
本省課長(40代) 1200万ぐらい
審議官・本省局長(50代) 1500~2000万ぐらい
事務次官 2500万ぐらい

参考サイト : 年収・転職.COM 平均年収 ●年収事情 高級官僚

参考にさせてもらったものは2007年に書かれたものなので、現在は多少違うかもしれないんですけど、だいたいの目安にはなると思います。
こうしてみると、高級官僚の年収は低いのでしょうか?
年収350万だと、月給の手取りは20万ぐらいだと思います。一般的に言えば、20代の人は手取り20万ぐらいが相場なんじゃないのかな?
私の周りを見ると、30代以上の人でも手取り20万程度はいっぱいいます。
大企業の社員とか、企業家とか、特殊な職に就いている人じゃなくて、特別な役職にでもなっていなければそんなもんでしょう」
クマさんクマさん
「まあ、そんなもんかもな」


パンダさんパンダさん
「就職求人情報を覗いてみるとよくわかりますよ。
募集のほとんどが月給20万ぐらいです。年収でいえば350万ぐらいの職ばかり。
月給20万を切る職もわりとあります。
初任給に的を絞ってみてみましょうか。
人事院で行っている職種別民間給与実態調査などを見ればよくわかります。

医者の初任給は35万ぐらい
あとの職は、大卒なら20万ぐらい
高卒なら16万ぐらい

そう考えれば、年収350万は低すぎるということはないですよね」
クマ笑クマさん
「俺なんかの初任給はもっと高額だったと思うけどなw
まあ、自分で鮭とか蜂蜜を現地調達したんだから、給料制じゃねーけどなw」

パンダ汗パンダさん
「・・・」
「高級官僚になる人といえば、超有名大学の卒業者ですよね。そんなお方が手にする額として考えれば、それはそれは低所得からの出発といえるのかもしれないです。
医者のほかには、大企業や証券会社、精鋭ぞろいのベンチャー企業、弁護士なんかも初任給30万越えが可能な職だとされています。
そういった職業は、初年度の年収も500万越えが可能かもしれないです。
そういう少数の高みから見れば、年収350万は低いんですよね。でも、国民全体から見た大多数の視点から見れば悪くない条件だと言えますね」
クマ怒クマさん
(俺の話を無視しやがったな・・・この白黒野郎・・・)


パンダさんパンダさん
「それと、高級官僚の旨味というか、魅力的なところはその昇給具合だといわれています。
年収1000万以上の人口割合は15%ほどだそうですが、高級官僚の本省課長以上になれれば、この15%に入ることが出来るわけです。
ちなみに、
年収300万以下は40%ほど
年収300~500万が20%ほど
500~1000万が25%ほど
だそうです。
詳しく知りたければ、国税庁の民間給与実態統計調査結果などを見るとわかります」
クマ汗クマさん
「でもよお、職種によっても年収は違うじゃねーか。1000万以上の年収と言っても、高級官僚の年収を凌駕する職種がいっぱいあるんじゃねーの?」

パンダさんパンダさん
そうですね・・・。年収別に職種を比べてみましょうか。

1500万ぐらい  マスコミ・証券会社社員など
1000万ぐらい  医師・大学教授・パイロットなど
700万ぐらい  弁護士・高校教員・獣医師など
500万ぐらい  編集者・SEなど
450万ぐらい  教職員・看護師など
400万ぐらい  製造業職員・準看護師など
300万ぐらい  事務員・飲食業社員・サービス業社員・保育士・介護福祉士など

といった感じですかね?
大雑把に分類したんで、~だいたいこんなもんかな~ぐらいに捉えてください。
こうして民間で働いている人の年収を見ると、高級官僚の年収が低いとは思えないですよ。
それなのに、彼らはなぜ金の亡者になってしまうんでしょうね?」
クマさんクマさん
「もしかしたらよお、企業家の年収と自分の年収とか資産を比べてしまってるんじゃねーのか?
企業家・・・というか、経営者ともなるとよ、上に揚がっている年収の何倍も稼いでいる人がいっぱいいるだろう?
そんな経営者を見て、
『国の為にこんなに一生懸命働いてきた私が、自分の会社の為、自分のためだけに働いてきたヤツ以下の収入なのは間違っている。なんとかして、もっと稼げないものだろうか!?』
とか思った・・・なんてな」
パンダ汗パンダさん
「だったら、最初から起業すればいいって話なんですけどね」


クマ笑クマさん
「まあ、そうだわなw」


パンダさんパンダさん
「天下りのなにがいけないのかというと、
『私利私欲のために天下りが行われている点』
だと思うんですよ。
はっきり言って、能力の高い高級官僚さまですから、退職後もその能力を発揮していただきたいですよね。
なら、どうすればよいかというと、

◎国や地方などの公金から補助金が出たことのある企業・団体に天下りした場合、その給与は公務員の初任給のそれと等しい額にする。
また、昇給・賞与・退職金は公務員のそれと同じものとする。

なんていうのはどうでしょう?
守られなかった場合はもちろん刑罰ありで」
クマ笑クマさん
「パンダにしちゃあ、ずいぶん荒い意見だなw」


パンダさんパンダさん
「だって、高級官僚の収入って国民の大多数から見ればかなり高いものでしょう?
それに納得できないって言うんなら、公僕にならなきゃいいわけなんですよ。
退職後にも荒稼ぎしようってのは腹黒いにも程があります。
退職金だってすごい額を貰うそうじゃないですか。次官クラスだと、1億にも届きそうな額らしい。それを貰った上に天下りして、なおも関連団体を渡り歩いて何度も何度も高額の退職金を受け取る。
こりゃ酷い大悪党だと思いませんか?」
クマさんクマさん
「でもよお、天下りしてる連中にだって、それなりの言い分ってのはあると思うんだけどな~。
国を動かしてるって言うか、国の存続に関わっている仕事してるんだしな」

パンダさんパンダさん
「そうですね。
『優秀な人材を公務に向わせるためにも旨味はを用意するべき。それがなければ、よい人材は公僕として働かない』
という意見はありますね。
だれど、国費を私利私欲のために使おうとするような奸賊が国の中枢に入ってくることの方が恐いと思いますけどね」
クマさんクマさん
「そっか。
『本気で日本という国を良くしようと考えている者が国の政に関わるようにするためにも、欲深いヤツは関わらせないようにする』
ってワケだな」
パンダさんパンダさん
「そうですね。
我欲のない知者が公僕になれば、必然的に国は良くなる。
私はそう思いますよ」
クマ笑クマさん
「さすがは平和の使者だなw」


パンダ笑パンダさん
「なんですかそれw」




立場によって見方がかなり変わると思われる問題です。
どうなのでしょう?
どうなるのでしょう?


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りゅ太
HP:
性別:
男性
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[04/19 りゅ太@管理人]
[04/14 Na]
[04/12 りゅ太@管理人]
[04/09 Na]
[02/12 りゅ太@管理人]
ブログ内検索
フリーエリア
★ご注意
当ブログに掲載されているリンク先は、当サイト管理人が安全を確認してからリンクの掲載をしております。
しかし、リンク先において閲覧者になんらかのトラブル、不利益などの損害が発生した場合、当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

詳しい注意事項については サイトマップ をご覧ください。
バーコード
広告






忍者ブログ [PR]