忍者ブログ
さまよえるれんじょう
[42]  [43]  [44]  [45]  [46]  [49]  [47]  [48]  [50]  [51]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて問題です

貴方はある会社の社員です。
部下に
「資料としてある商品が欲しいので、売っているところを探して欲しい。」
と言ったところ、部下から
「会社の近隣の店には置いてない。電車に乗って5駅ほど先の麒麟堂にならある。購入してくるのに1時間も掛からないと思う。」
という返答があった。
さて、貴方はどうする?

A.電車代がもったいないし、1時間も掛かるというのが気に食わない。近場の店をもう一回あたらせる。

B.これからもう一度探すのも時間がかかるし、ここは麒麟堂に買いに行ってもらう。

C.資料として欲しいのはやまやまだが、購入を諦める。

 


資料として欲しいのだから、あった方が良いものです。まずCは論外。

問題は、部下とあなたの間にある信頼度と、時間に対しての考え方です。

もしかしたら、その部下の探し方が手抜きだったのかもしれません。
探していて最初にヒットしたのが麒麟堂で、「ちょっと離れてるけど、ここでいいや。」ということだったのかもしれません。
また、何軒もあたったけれど、近場では見つからず、商品を置いてある店の中で一番近いのが麒麟堂だったのかもしれません。
まあ、これは部下に聞けばわかることですね。
よくある光景で「お前、ちゃんと探したのか?」って上司が部下に言うヤツ。
大概こういう時、ちゃんと探した部下は心の中で「じゃあ自分で探せよ。」と思うはずです。いわゆる心無い上司の一言になってしまうわけですな。
そりゃそーだ。
あなたが上司から探し物を頼まれた場合どうするの?適当にやりますか?私はそんなことしませんよ。
って話になりますからね。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、
もうひとつの時間に対しての考え方ですが、
こう考えるとどうでしょうか?

A.一時間後には確実に入手できる。
B.運がよければ30分後には手に入るかもしれないし、何時間経っても手に入らないかもしれない。

どうでしょう?
Aは確実。Bは賭け。
仕事としては確実性を重視する方がよいのではないでしょうか?

ということで A がベストアンサーということになります。


実はコレ、大昔に私の目の前で起こったことなんです。
ある会社の社長が若いバイトの男の子に
「○○という商品が欲しいから売っているところを探してくれ。近場であったら買って来てもらうから。」
と頼みました。
バイトの男の子は電話帳を片手に(その当時、その会社にはインターネーットはおろかPCすら無かった)何軒かの店に問い合わせをしました。

その結果、五駅離れた街にある店になら置いてあることがわかりました。
バイトの男の子がその旨を社長に伝えると、社長は、
「歩いて行けるとこで無いのかよ。もっと探せよ。」
と、言いました。
ハタで見ていた私は工エエェェ(´д`)ェェエエ工でした。
「この社長さん変だよ。」そう思いました。

バイトの男の子は、更に一時間ほどかけて探していましたが、近場では見つからず、結局は電車に乗って買いに行くことになりました。
オツカイに出掛けるバイトの男の子と一緒に、私はその会社を出ました。駅まで彼と話をしながら歩いたのですが、彼はこんなことを言ってました。
「あの社長は、下の人間の意見なんてきく人じゃないからしょうがないですよ。俺としては、近場で探してもないし、定期で行けるトコだから電車代も掛からないから良いと思ったんですけどね。結局、もう一回探してもあそこしか無かったワケだし。」
と、サバサバと・・・。

ちなみに
この会社との付き合いは、その後すぐに無くなりました。

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りゅ太
HP:
性別:
男性
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[04/19 りゅ太@管理人]
[04/14 Na]
[04/12 りゅ太@管理人]
[04/09 Na]
[02/12 りゅ太@管理人]
ブログ内検索
フリーエリア
★ご注意
当ブログに掲載されているリンク先は、当サイト管理人が安全を確認してからリンクの掲載をしております。
しかし、リンク先において閲覧者になんらかのトラブル、不利益などの損害が発生した場合、当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

詳しい注意事項については サイトマップ をご覧ください。
バーコード
広告






忍者ブログ [PR]