忍者ブログ
さまよえるれんじょう
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、『ひかりTV』では、番組録画予約をするのが面倒なことになると悩んだ私。
専門チャンネルに魅力を感じなかったことも手伝って、早々に解約することに決めました。

一応、プロバイダのカスタマーセンターに問い合わせて「現段階での解約だと、料金の請求は一切無い」ことを確認して、ホームページ上で解約手続きをしました。
「チューナーの返却を早くしたい方は『NTTぷらら』へお問い合わせください」
とのことだったので、『NTTぷらら』にも一応、問い合わせをして「解約の確認」「チューナー返却についての詳しい話」を聞きました。
「新たに送られてきたルーターについては『NTT東日本』の管轄になるので、『プロバイダ』か『NTT東日本』に問い合わせてみたほうがいいかもしれません」
とのことだったので、再度プロバイダのカスタマーセンターに電話を掛けました。

会員情報を照会してから、
「『ひかりTV』を解約することになって、解約手続きは『プロダバイダ』のホームページから、チューナーの返却については『NTTぷらら』に電話を掛けました。『ひかりTV』を申し込んだときに送られてきた二台目のルーターの返却についてお訊ねしたい」
というと、
「お調べしますので少々お待ちください」
しばらく待たされた後
「こちらではわかりかねます」
と、きた。
「では、『NTT東日本』に訊けばいいんですか?そちらを通して契約したのに、そちらでは全くわからないんですか?」
と、訊ねると、強めの口調で、
「当方では、『ひかりTVを紹介しているだけですので」
と言ってきました。仲介している責任というものはないんだろうか?と思いつつ、
「〔『ひかりTV』の契約をしたら二台目のルーターが送られてきて、解約のときにこのルーターの返却方法について知りたい〕というような、今回の私の問い合わせと同じものは今までなかったんですか?」
と、同じ事例はなかったのかを訊いてみると、かなり面倒臭そうな声色で
「はい。無いですね」
と即答。そのあとに
「ルーターの返却については、後で連絡してくると思いますよ。それまではお客様が持っててもかまわないと思います」
と続いた。
「ああそうですか」
と呆れながらも、『ひかりTV』の解約手続きは完了。


さて、『ひかりTV』を諦めたので、残る手段は

1、屋外アンテナを設置する
2、室内アンテナを置く
3、地デジ放送も対応しているCATVに加入する

専用チャンネルを必要としない我が家では、アンテナを設置するほうが安上がり(毎月の使用料がかからない)なので、アンテナについて調べてみることにした。


次回へ続く

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
りゅ太
HP:
性別:
男性
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[04/19 りゅ太@管理人]
[04/14 Na]
[04/12 りゅ太@管理人]
[04/09 Na]
[02/12 りゅ太@管理人]
ブログ内検索
フリーエリア
★ご注意
当ブログに掲載されているリンク先は、当サイト管理人が安全を確認してからリンクの掲載をしております。
しかし、リンク先において閲覧者になんらかのトラブル、不利益などの損害が発生した場合、当方は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

詳しい注意事項については サイトマップ をご覧ください。
バーコード
広告






忍者ブログ [PR]